佐賀整肢学園の中尾清一郎理事長(右)に菓子を寄贈する佐賀共栄銀行の二宮洋二頭取=佐賀市金立町の同学園こども発達医療センター

 佐賀共栄銀行(佐賀市、二宮洋二頭取)が24日、佐賀市金立の佐賀整肢学園(中尾清一郎理事長)に甘納豆やあられなどの菓子約600袋を寄贈した。

 同行は来店者向けに窓口で菓子を配布していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で来店者数が大幅に減少。食品ロスをなくす観点から活用法を検討し、寄贈につながった。

 二宮頭取は「SDGs(持続可能な開発目標)の中に、『すべての人に健康と福祉を』『つくる責任・つかう責任』というゴールがある。福祉という社会貢献をしている佐賀整肢学園に活用いただけたらと思う」とあいさつ。中尾理事長は「利用者はもちろん、コロナ禍で緊張を強いられている医療スタッフにとっても、心温まる支援。モチベーションの向上につながる」と感謝した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加