JA杯佐賀新聞学童オリンピックの新年度の日程などを確認した代表者会議=佐賀市の佐賀新聞社

 県内最大規模の小学生スポーツの祭典「JA杯佐賀新聞学童オリンピック大会」の代表者会議が24日、佐賀市の佐賀新聞社であった。新年度は5月8日の卓球を皮切りに、16競技を実施する。

 大会は各競技団体と佐賀新聞社が主催、JAグループ佐賀が特別協賛する。会議には約20人が参加し、JA佐賀中央会の安藤新一農政広報部農政広報課課長が「早く以前のように子どもたちがのびのびとプレーできる日が来ることを願い、協力やサポートを継続したい」とあいさつ。新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら柔軟に対応することを確認した。

 感染リスクを考慮して総合開会式は見合わせ、代わりに卓球競技の開会式を動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信する。さらに、配信に合わせて全16競技の代表選手の意気込みを動画で紹介する。(井手一希)

 開催予定は次の通り。

 卓球(5月8日)▽ソフトテニス(6月6日)▽ミニバスケット(6月13、19、20日)▽なぎなた(6月13日)▽水泳(6月20日)▽相撲(7月18日)▽陸上(8月21日)▽バレーボール(9月5、23日)▽テニス(9月11日)▽軟式野球(10月23、24日、11月3日)▽サッカー(12月5、12日)▽バドミントン(来年2月27日)▽ミニラグビー(同3月12日)▽柔道=9月(日付は未定)▽ハンドボール=未定▽ドッジボール=未定

このエントリーをはてなブックマークに追加