国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、開門を命じた確定判決の効力について争う請求異議訴訟の差し戻し控訴審の進行協議が24日、福岡高裁(岩木宰裁判長)であった。裁判所は4月28日の次回期日で今後の進行の方針を提示する考えを示した。

 進行協議は非公開で行われ、終了後、開門を求める漁業者側弁護団が高裁の方針を明らかにした。進行協議で漁業者側は、差し戻し審で4回目となる和解協議を求める内容の上申書を提出した。馬奈木昭雄弁護団長は「裁判所は審理が大詰めを迎えているとの認識も示している。今後の和解協議を期待し、その努力をしていきたい」と話した。

 国側は、開門せずに漁業振興の基金創設による和解を目指す方針を表明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加