全国高校選抜大会で初優勝した佐賀女子ソフトボール部=栃木県大田原市の美原運動公園

 第39回全国高校女子ソフトボール選抜大会最終日は24日、栃木県大田原市の美原運動公園であり、佐賀女子が決勝で習志野(千葉)を4-0で下し、初優勝を飾った。

 佐賀女子は準決勝で長崎商を3-0で破ると、続いて行われた決勝でも、1年生エース・辻奈奈を中心とした堅守で相手打線を1安打に抑え、得点を許さなかった。攻撃では、8番石丸萌恵の適時打や3番枝松愛子の2点本塁打で中盤以降に突き放した。

 佐賀女子は今大会全6試合で完封勝ちを収めた。大久保凜主将は「選手全員で21個のアウトを全ての試合で取れたことがうれしい。インターハイで2冠を目指したい」と話した。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加