メールを送信した直後に、誤字脱字や宛先の間違いに気が付いたり、ファイルを添付し忘れたりして慌てることがあります。そういう時、メールの送信を取り消すことができると便利です。

 多くの人が利用しているGメールでも、時間を設定して送信をキャンセルすることができます。その間は実際の送信が保留されている状態なので、取り消しが可能ということです。

 Gメールで歯車アイコンの「設定」ボタンをクリックします。次に「すべての設定を表示」をクリック。「全般」のタブにある「送信取り消し」の項目で取り消せる時間を選択します。5秒、10秒、20秒、30秒と選べるので好きな時間を選択します。その場ですぐ気が付いた時の対処ですので20秒ぐらいの設定が良いのではと思います。

 メールソフトによっては、取り消し機能が使えない場合もあります。送信ボタンを押す前に宛先、件名、本文、添付ファイルを確認する習慣をつけることが大事です。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加