サガン鳥栖に期限付き移籍で加入することが決まった佐賀東高出身のMF中野嘉大

 サッカー・J1サガン鳥栖は24日、佐賀東高出身のMF中野嘉大(28)が北海道コンサドーレ札幌から来年1月末までの期限付き移籍で加入すると発表した。背番号は7。

 中野は176センチ、66キロ、鹿児島県出身。小中学生時代は地元のクラブチーム・パルティーダ鹿児島でプレーし、佐賀東高に進学。高校2年時の2009年には、同校のインターハイ4強入りに貢献した。筑波大を経て15年にプロ入りし、川崎、仙台、札幌の3チームプレー。J1リーグ戦通算93試合に出場し、5得点。

 中野は「高校時代を過ごした第二のふるさとである佐賀の地でプレーできることをうれしく思う。好調なチームに少しでも早く適応して、サガン鳥栖の力になれるように頑張る」などとコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加