県労連や県医療生協などでつくる「はたらくもののいのちと健康を守るネットワークさが」(愛野浩生代表世話人)は、アスベスト(石綿)の健康被害や労災補償について学ぶ学習会を佐賀市のアバンセで開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加