【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市のデブラシオ市長は23日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として昨年3月から続けている市職員の在宅勤務を終え、5月3日から順次、出勤を始めると発表した。それに伴う民間企業の活性化にも期待感を示した。

 ニューヨーク・タイムズ紙電子版によると、在宅勤務をしている市職員は、市警職員や消防士らを除く約8万人。デブラシオ氏は、6フィート(約1・8メートル)の対人距離や換気設備など「厳格な安全措置を取る」と述べた。ワクチン接種は義務化されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加