昨年8月、巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の国内候補地として北上山地(岩手、宮城両県)を選んだ研究者グループの評価内容について、九州大と佐賀大の研究者が19日、検証報告書を公表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加