サッカーJ1福岡は22日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで21日に実施された第6節の鳥栖―福岡で、福岡の一部サポーターが大声を出すなど、新型コロナウイルス対応ガイドラインで禁止されている行為があったと発表した。クラブは実行者と違反行為の特定を進め、処分や観戦ルールの見直しを協議して近日中に方針を発表する予定。

 川森敬史社長は「到底看過できる事案ではない。Jリーグを愛する全ての皆さまに心よりおわびを申し上げます」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加