国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門を巡り、農業生産法人2社が開門を求めた訴訟などを担当する長崎地裁の裁判官による現地視察が22日、干拓農地一帯であった。原告や国、農地貸主の県農業振興公社などの当事者が参加し「現地進行協議」として実施した。

 開門を求める農業者側が原告となる訴訟で裁判所による視察は初めて。終了後、農業法人側の弁護団が説明した。農地や中央干拓地を取り囲んでいる堤防、排水機場を見て回った。法人側が主張している事業で造った池が鳥の群れを招き、深刻な食害が起きたとする農地を視察した。

 農業法人のうち「マツオファーム」の松尾公春社長は「カモに食べられた跡など農地の実態を見てもらった。信ぴょう性のある訴えだと思ってもらえれば」と述べた。松尾さん側の弁護士は、視察に関し「裁判所の関心が高く、現地を見て判断したいという姿勢の表れ。踏み込んだ審理になっていくのでは」と話した。

 松尾さん側は公社などにカモ食害の責任を問い、損害賠償を求めている。公社は、2法人に対して農地の明け渡しなどを求めて係争している。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加