佐賀市の七つの地域審議会は25日、第2次市総合計画(2015~24年度)の各素案を秀島敏行市長に答申した。旧町村部の地域実情に応じた活性化策を求める意見などを付帯した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加