横断幕を取り付ける佐賀工高ラクビー部の部員たち=佐賀市の同校

 佐賀工高ラグビー部OBの大田尾竜彦さん(39)の早稲田大ラグビー部監督就任を祝う横断幕が、佐賀市の同校正門横のフェンスに設置された。

 大田尾さんは佐賀市出身。佐賀工高時代は主将を務めた2000年に県勢初となる全国高校ラグビー大会4強入りに貢献。早稲田大でも1年からレギュラーを獲得し、4年時には主将として大学選手権でチームを準優勝に導いた。17年までヤマハでプレーし、引退後はバックスコーチなどを務めた。4月から早稲田大ラグビー部監督を務める。

 14日に静岡県のヤマハスタジアムであった大田尾さんの壮行会セレモニーに合わせて、15日に佐賀工高ラグビー部の部員が横断幕を設置した。横断幕は縦約0・9メートル、横約7メートルで、「祝 大田尾竜彦君 早稲田大学ラグビー部監督就任」と記している。永池海音(あおと)主将は「自分たちにとっても誇りで、(大田尾さんの)励みになるように自分たちが大会で結果を残していきたい」と力強く話した。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加