昭和グループ(金子直幹代表)は、西九州トヨタ自動車(佐賀市、金子隆晴社長)が長崎で展開してきた事業を福岡トヨタ自動車(福岡市、金子直幹社長)に移管すると発表した。2022年4月に行う西九州トヨタ自動車とネッツトヨタ佐賀の合併に伴うグループ内の再編で、社名や屋号も変更する。

 西九州トヨタによると、合併後の佐賀地区の社名は「佐賀トヨタ自動車」に変更し、長崎地区の屋号は「長崎トヨタ」とする。同社の担当者は「佐賀県内での営業に注力し、グループ全体で北部九州でのトヨタのシェア拡大を目指したい」と話している。

 店舗の統廃合はなく、従業員の雇用も変わらないとしている。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加