■養生の仙薬 延齢の妙術 一口飲めば心落ち着く「お茶」。 日本では奈良時代に、薬用としてわずかに飲まれたのが始まりです。鎌倉時代前期、宋より茶の種を臨済宗の開祖である僧の栄西が日本に持ち帰ります。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加