東京Z―佐賀 第3クオーター、インサイドにアタックする佐賀バルーナーズのケニー・ローソン(中央)=東京都の大田区総合体育館((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第26節最終日の21日、東京都の大田区総合体育館で東地区7位のアースフレンズ東京Zと対戦し、91-73で勝利して4連勝した。通算成績は28勝21敗で順位は変わらず西地区3位。この日敗れた2位FE名古屋とのゲーム差を「1」に縮めた。

 佐賀バルーナーズは、42-41の1点差で迎えた第3クオーターに、ケニー・ローソンを中心にシュートを決め、67-57と点差を広げた。最終第4クオーターは、持ち前の守備力で相手のシュート成功率を13%に抑え、相馬卓弥や西裕太郎の3点シュートなどで突き放した。

 佐賀バルーナーズは第27節の24日午後7時から、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で西地区4位の香川ファイブアローズと対戦する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加