デュオ「風の旅」の西浦詩織さん(左)と稗田隼人さん(提供写真)

 ギターとバイオリンのデュオ「風の旅」のコンサートが、4月7日午後7時から佐賀市文化会館で開かれる。スペインギターの原点であり頂点と名高いサントスのギターで、音楽の旅へと誘う。

 デュオは2018年に結成。ギターの稗田隼人さんは東京音大付属高クラシックギター科を卒業し、スペインに留学。声優水樹奈々さんの楽曲に演奏と映像収録で参加した。バイオリンの西浦詩織さんは東京音楽大卒。宗次ホール弦楽四重奏コンクール1位など、多数の入賞歴がある。

 稗田さんはギター文化館(茨城県)が所蔵する名器「サントス・エルナンデス1930」を演奏する。スペインの名工サントス・エルナンデス(1873~1942年)が30年に製作したギター。太く独特な重厚さがある低音と甘さを抑えた芯のある高音で、デュオの演奏を引き立てる。

 ラテンやボサノバ、ワルツやクラシックなど幅広い楽曲を聞かせる。デュオ初の全国ツアーで、東京から九州までキャラバン隊を組んで旅をするという。稗田さんは「音楽の力で少しでも多くの人を元気づけられたら」と話す。

 チケットは全席指定3200円。問い合わせはRO♪ON、0952(26)2361。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加