怪獣レッドキングと、ウルトラヒーローたち=佐賀市の県立美術館

 特撮テレビシリーズ「ウルトラマン」の放送開始55周年を記念した巡回展が20日、佐賀市の県立美術館で開幕した。昭和から現代に至るまでのウルトラマンの歩みを体感することができる。5月9日まで。

 19日には報道陣向けに内覧会が開かれた。会場にはウルトラ兄弟や、撮影用に使っていた武器などのアイテムも展示されている。

 1966年から現代までの作品を紹介する映像や、登場人物などの情報を知ることができるタッチテーブル、足を近づけると映像の中に小型怪獣ピグモンが登場するコーナー、怪獣レッドキングとの撮影ブースなど、体感しながら、ウルトラマンシリーズを堪能できる。

 担当者は「展示や体感できる仕掛けも多い。三世代で楽しんでほしい」と話す。入場料は大人(高校生以上)1500円、子ども(3歳以上から中学生以下)800円。(福本真理)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加