鳥栖-柏 開幕から5試合連続無失点を記録した鳥栖。試合後輪になって喜ぶGK朴一圭(中央)ら守備陣

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第6節の21日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで5年ぶりとなるアビスパ福岡との「九州ダービー」に臨む。開幕から5試合無失点で負けなしと好調を維持する鳥栖。J1に10年連続で在籍する誇りを胸に、ダービーを制して勢いをさらに加速させたい。

 鳥栖は4勝1分け(勝ち点13)の3位。17日の前節・柏戦は、FW林の2ゴールで2-0と快勝した。相手に11本のシュートを打たれたものの、DF陣が体を張って完封。開幕からの連続無失点記録は「5」となり、1996年に横浜フリューゲルスが記録したJリーグ記録まであと「1」に迫っている。

 対する福岡は、昨季J2で2位となり、2016年以来5季ぶりのJ1復帰を果たした。今季は2勝1分け2敗(勝ち点7)の9位。昇格組同士の対戦となった第4節(13日)の徳島戦でJ1復帰後初勝利を挙げると、続く前節の鹿島戦も1-0で勝利して2連勝中。開幕直前に鳥栖から移籍したFW金森が2試合連続でゴールを決めている。

 5年前のダービーは、鳥栖の2戦2勝だった。林は「過去の九州ダービーを見てもサポーターは特別な感情を持っているし、クラブに長くいる人こそ次の試合の大事さを知っている。サガン鳥栖の一員として必ず勝ちたい」と闘志を燃やした。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加