寄付金を贈ったエレナの中村剛士営業企画部長(左)と、受けとった山田健一郎代表理事(中央)、大川内直人健康福祉部長=佐賀県庁

 新型コロナウイルス感染症の対応に当たる医療従事者を支援するため、長崎、佐賀両県でスーパーを展開する「エレナ」(本社・佐世保市)は、県と公益財団法人「佐賀未来創造基金」に寄付金100万円を贈った。

 県と佐賀未来創造基金が創設した「コロナと戦う医療にエールを!緊急支援募金」に寄付した。エレナは収益の一部を充てた。

 県庁で12日にあった贈呈式では、エレナの中村剛士営業企画部長が「微力ながら、コロナで大変な思いをしている医療従事者に支援できれば」とあいさつした。大川内直人健康福祉部長は「医療従事者が苦労している中で心のこもった温かいエールに、現場の皆さんは感激すると思う」と述べた。同基金の山田健一郎代表理事も謝辞の中で、基金への反響の高さに触れ「県民の心を動かしている」と述べた。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加