唐津市の唐津第一中学校(篠原智文校長)で17日、「命の大切さ」を学ぶ授業があった。2年生約40人が、人間の命が数多くの動物の命を犠牲にして成り立っていることを知り、自分の命の有り難さをかみしめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加