3グループに分かれ、卒業製作に励んだ三里小の6年生たち。前列中央の3人が案内板(奥中央)を作った=小城市小城町

教室の扇風機カバー(上)を作った(左から)岩田麻衣香さん、中島瞳月(しずく)さん、下村紗良さん、浜野翔太君、合六純也君=小城市の三里小

足踏み式の消毒スタンドを作った(左から)円城寺琉煌(りゅうごう)君、〓口陽葵(ひなた)君、藤田修平君、深河賢人君=小城市の小城公民館三里支館

学校周辺の案内板を作った(手前左から)藤井志帆さん、山田乃愛さん、〓口りおなさんと、担任の森麻子教諭、武富秀之校長=小城市小城町

 19日に卒業式を迎えた小城町の三里小の6年生が、学校近くの県道沿いに地域の案内板を作った。「お世話になった地域や学校のために」と12人で手分けして、教室の扇風機カバーに加え、足踏み式の消毒スタンドも作り、近くの公民館支館と保育所に届けた。

 案内板は学校や公民館支館、保育所と、校区内にある「牛尾梅林」の方角を示している。古くなった看板を作り替え、児童3人が担任教諭、校長と協力して絵や色を添えた。材料の板は、学校の評議員を務める地元の建設会社の社長が加工、提供してくれた。

 扇風機カバーは5人で全教室分の28個を作った。明るい柄の布を円状に切って縫い合わせ、使っていない時に汚れないようにかぶせた。消毒スタンドは木製で、足元のペダルを踏むと消毒液が噴出する仕組み。4人で二つ作った。

 卒業製作の一環で、みんなで何を作るかを決めて2月から作業に励んできた。それぞれ卒業生の思い出と一緒に、下級生や地域の人たちに受け継がれていく。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加