佐賀県内に広く普及させたい農作物の品種について話し合う県主要農作物奨励品種選定委員会(会長・穴井豊昭佐賀大学教授、15人)が開かれ、小麦の有望品種として「はる風ふわり」を新たに奨励品種に採用すること…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加