国の重要無形民俗文化財に指定されている「武雄の荒踊」が21日、西川登町高瀬地区で奉納された。今年は同じ指定を受けている東川登町宇土手地区が少子化で踊り手がそろわず奉納が中止になった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加