感謝状を受け取った(前列左から)増永安真さん、大神雪姫さん、築山薫さん、山下和夏さん。後列は久保泉まちづくり協議会の関係者など=佐賀市の久保泉小

 行方(ゆくえ)不明になった介護施設(かいごしせつ)の利用者の早期発見に協力したとして、佐賀市の久保泉(くぼいずみ)まちづくり協議会は5日、久保泉小6年の児童4人に感謝状(かんしゃじょう)を贈(おく)りました。
 昨年12月10日、4人は下校途中(とちゅう)に、横断(おうだん)歩道の前で高齢女性(こうれいじょせい)が立っているのを見掛(みか)けました。気になり、しばらく遠くから様子をうかがっていると、ずっとその場から動かないため、不審(ふしん)に思って近所の住民に相談しました。この行動が功を奏(そう)し、行方不明から約2時間後に利用者は保護(ほご)されました。
 児童は増永安真(あさね)さん、大神雪姫(ゆき)さん、築山薫さん、山下和夏さんの4人。話を聞いた同協議会が感謝状(かんしゃじょう)を用意し、執行偉男(くしお)会長(77)が児童らに手渡(てわた)しました。執行会長は「地域(ちいき)の人を気に掛(か)けて、今回のような行動をしてくれたこと、町民みんな喜んでいる」と行動をたたえました。
 感謝状(かんしゃじょう)を受け取った増永さんは「こんなにも感謝(かんしゃ)されることをしたとは思っていなかった」と驚(おどろ)いた様子を見せ、「(感謝状(じょう))は玄関(げんかん)に飾(かざ)りたい」と話しました。(12日付20面・中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加