佐賀県文化財保護審議会は18日、佐賀出身の洋画家百武兼行(1842~1884年)が描いた肖像画「鍋島直大(なおひろ」像」や、古代歌謡の歌詞などをまとめた巻物の写し「東遊歌風俗歌譜」など4件を県重要文…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加