佐賀大学医学部附属病院は30日、心臓の大動脈弁の開きが悪くなる「大動脈弁狭窄(きょうさく)症」患者に太ももなどからカテーテル(細い管)を挿入し、人工弁に置き換える治療に佐賀県内で初めて成功したと発表…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加