政府が1都3県に発令している新型コロナウイルスの緊急事態宣言を21日までで解除すると決定したことに関し、佐賀県の山口祥義知事は「まだ感染者数が多く、リバウンド(再拡大)を心配している。釈然としない」と疑問を示した。19日に対策本部会議を開き、県民に向けて「東京をどう見るか、メッセージを出したい」としている。

 佐賀新聞社の取材に対し「ずっと言い続けていることだが、東京には感染状況を検証、分析して(感染経路を)しっかり追ってほしい」と指摘した。

 一方、山口知事は国民が緊急事態宣言に慣れてしまったことにも懸念を示し、「『緊急』という言葉は阪神大震災でも使わなかったほど重かった。国家の危機管理として『緊急』の受け止め方が軽くなっていないか心配だ」と述べた。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加