武雄市の県立宇宙科学館は5月10日から、小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰った小惑星「イトカワ」の微粒子を展示する。九州では初の公開。天文ファンらの注目を集めそうだ。6月8日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加