九州電力が30日発表した2014年3月期連結決算は、経常損失が1314億円(前期は3312億円の損失)と、3年連続の赤字となった。原発停止に伴い、火力発電の燃料費がかさんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加