林田夏葉さんが書いた祖父宛ての暑中見舞いのはがき(提供)

祖父の一生さんからの返事(提供)

林田夏葉さん

 日本郵便の「はがきでコミュニケーション全国発表大会」で、唐津市の鏡山小5年の林田夏葉さんによる祖父宛ての暑中見舞いが、九州・沖縄ブロック最優秀賞に選ばれた。祖母が昨年他界し、コロナ禍で会う機会が減った1人暮らしの祖父へのやさしさが伝わる。

 日本郵便は小学生を対象に、送ったはがきと返事のやりとりを募集。応募総数は3348点で、各エリアの最優秀賞を15点表彰した。

 林田さんの応募は2回目。北九州市に住んでいた祖母と3年間文通し、昨年は祖母に向けて嬉野温泉に行った思い出をはがきに書き、九州ブロックの優秀賞に。その祖母が昨年亡くなり、唐津市内で1人暮らしを始めた祖父の一生(かずみ)さん(71)に「元気を出してもらいたい」とはがきを届けた。

 「今ははなれていることが大切な人を守る事になるんだって。おじいちゃんも気をつけてね」と気遣う文面で、一生さんは「家がシ~ンとしているよ」と寂しい胸の内を明かしている。

 「LINE(ライン)とは違って、はがきは本当の気持ちが伝えられると思う。文字が上手になったり自分の成長も伝わったりするから」と林田さん。「おじいちゃんは仕事が忙しそうで返事が来ると思ってなかった。もっと会いに行けたらいいな」とはにかんだ。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加