先日、地域の守り神「正一位稲荷大明神」(有田町大木宿大道)で樹齢約70年のヒノキの伐採が行われた。代々地域の家々で3組の氏子に分かれ、毎年末と3月にお祭りしている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加