鳥栖-柏 前半、相手の攻撃を防ぐ鳥栖DF田代雅也(左)とエドゥアルド(右)。奥はGK朴一圭

 鳥栖はエースのFW林が2点を奪い、2-0で柏に完封勝利。開幕からの無失点試合記録を「5」に伸ばした。

 鳥栖は前節から先発5人を入れ替えて臨んだ。前半29分、DFエドゥアルドのロングパスに飛び出した林が、左足を振り抜いて先制。39分、柏のMFクリスティアーノにミドルシュートを打たれたが、ボールは枠をそれ、1-0で折り返した。

 後半は攻守が激しく入れ替わる展開。鳥栖は13分、CKからピンチを迎えたが、相手のヘディングシュートはポストに当たって救われた。このCK時の接触で、MF松岡が負傷交代した。

 鳥栖は19分、ペナルティーエリア内でMF小屋松のパスを受けた林が、ゴール隅にたたき込んで追加点を挙げた。守備では、DF田代やDF中野らが体を張って相手の攻撃を防ぎきった。

このエントリーをはてなブックマークに追加