信州の諏訪湖畔で西の方角を見ては、遠く離れたふるさとを思う老爺(ろうや)がいた。「鹿城(ろくじょう)は余の故郷なり」と副題がつく漢詩で詠んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加