道に迷った旅人が民家に泊めてもらった。夜中にふと目が覚めると、隣の部屋から夫婦の話し声が。「たまの客人だ。明日は、はんごろしにしようか」「いや、ほんごろしで」◆仰天した旅人はあわてて逃げ出し…と続く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加