鹿島市は1日、2020年度までに約70億円をかけて公的施設の再配備などに取り組む「鹿島シビックセンター再整備構想」を進めるため、「市民交流プラザ整備推進室」と「中川エリア整備推進室」を新設した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加