唐津・玄海地区の飲食、菓子店など約25店が出店する「からつ応援市場」が20、21の両日、唐津市海岸通の市水産会館で開かれる。新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込む飲食店や農漁業者に販売の機会を提供する。

 旬の果物を使ったジャムやジュース、ホットサンドやカレーを販売。カキやサザエなどの海産物や佐賀牛は、炭火焼きして館内で味わうこともできる。ドローン操縦体験、漁師が釣りのこつや海の環境づくりを伝える講座も開く。

 唐津の食などの魅力を掘り起こして商品化に取り組む産直サイト「未来ギフト」が主催する。実行委員会会長の宮丸佳奈子さん(44)は「夜は人が出てない状況が続いていて、なんとかしないといけないと思って企画した。唐津の物を食べて飲んで体験して、応援してもらえたら」と呼び掛ける。

 午前11時から午後4時まで。新型コロナウイルス感染対策のため、受け付けで検温や消毒、マスク着用を確認する。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加