鳥栖-柏 前半29分、先制点を決めて走りだす鳥栖FW林大地=鳥栖市の駅前不動産スタジアム(撮影・山田宏一郎)

鳥栖-柏 前半、相手の攻撃を防ぐ鳥栖のDF田代(左)とDFエドゥアルド(右)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第5節の17日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで柏レイソルと対戦して2-0で快勝し、開幕からの連続無失点記録を5試合に伸ばした。J1記録は1996年に横浜フリューゲルスが記録した6試合。通算成績は4勝1分け(勝ち点13)で、順位は変わらず3位。

 鳥栖は前半29分、DFエドゥアルドのパスに合わせて相手DFラインの裏に抜け出したFW林が、ドリブルでペナルティーエリア内に侵入して左足を振り抜き先制。後半19分には途中出場のMF小屋松のパスを受けた林が、再びゴールネットを揺らした。終盤は柏に押し込まれたが、GK朴を中心にDF陣が体を張って無失点でしのいだ。

 鳥栖はリーグ戦第6節の21日午後2時から、ホームでアビスパ福岡との「九州ダービー」に臨む。

このエントリーをはてなブックマークに追加