鳥栖-清水 後半、相手CKをヘディングでクリアする鳥栖FW山下敬大(左から3人目)。チームはJ1史上2クラブ目となる開幕から4試合連続無失点を記録している=14日、静岡市のIAIスタジアム日本平

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第5節の17日午後7時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで柏レイソルと対戦する。前節から中2日のハードスケジュールになるが、チームの総力を発揮して開幕からの無失点記録を更新し、ホームで勝利をつかみたい。

 鳥栖は3勝1分け(勝ち点10)の3位。14日 の前節清水戦は11本のシュートを放って何度も決定機をつくったが、ゴールを割れずに0-0で引き分けた。連勝は3で止まったものの、相手のシュートをわずか1本に抑え、J1史上2クラブ目となる開幕から4試合連続無失点を記録した。

 対する柏は、昨季のリーグ戦で2戦2勝と相性のいい相手。昨季得点王でMVPのFWオルンガは移籍したが、MFクリスティアーノやMF江坂ら前線の中核選手が残り、仙台から獲得したMF椎橋など得点力が高い選手がそろう。今季はここまで1勝3敗(勝ち点3)の16位。前節は王者・川崎に0-1で敗れたものの、GKキム・スンギュを中心に強度の高い守備を見せた。

 鳥栖は第2節から3戦連続で同じ先発メンバーで戦ってきたが、今節は中2日の日程のため、先発の入れ替えも考えられる。無失点記録を更新するためにも、選手全員が高い守備の意識を持ち、チーム一体となった戦いを続けていくことが必要だ。金明輝(キン・ミョンヒ)監督が重視してきた「開幕5戦」の最終戦を勝ち点3で締めくくり、上位進出に向けて勢いに乗りたい。(山口源貴)

このエントリーをはてなブックマークに追加