佐賀県は2日、唐津市の1農場で豚流行性下痢(PED)の発生を確認したと発表した。県内で10例目。飼養豚約210頭に症状が見られ、2頭が死亡した。 県畜産課によると、農場では約1500頭を飼養。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加