フェイスシールドを寄贈した久米祐介社長(左)と大川内直人健康福祉部長=佐賀県庁

 災害時用の蓄電池開発などを手掛ける佐賀市のベンチャー企業「KMTec(ケイエムテック)」は12日、フェイスシールド2万5千枚を佐賀県に寄付した。県は必要な医療機関などに配布する予定で、新型コロナウイルスの感染防止対策に役立てる。

 フェイスシールドは同社製。贈呈式では、久米祐介社長が「何か一助になればという思いがあった。県民の方に活用してもらえれば」とあいさつした。大川内直人健康福祉部長は感謝状を手渡し、「いろんな用途で役に立つ。医療機関などで大切に使っていただけると思う」と寄付に感謝した。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加