第14回からつ児童生徒俳句・川柳大会(唐津キャッスルライオンズクラブ主催)の入賞作品が決まった。特選作品は17日まで、唐津市二タ子の高齢者ふれあい会館りふれに展示される。

 今年は唐津市と玄海町の小中学校48校から9765句が寄せられた。俳句を田邊虹志さん、川柳を小松多聞さんが選句した。新型コロナウイルスの影響で変わりゆく日常や思いを詠む作品も多く、川柳の特選には伊岐佐小1年の寺澤舞さんの「マスクない みんなのえがお また見たい」などが選ばれた。(横田千晶)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加