海野十三(うんのじゅうざ)は昭和の初めに活躍した作家。まったく未読だったが、友人に教えられ、短編「国際殺人団の崩壊」(1931年)をネットの青空文庫で読んだ◆冒頭近く、紳士が舗道を歩く場面がある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加