茶摘みの最盛期である「八十八夜」に合わせ、茶業振興を願う献茶祭が2日、嬉野市の豊玉姫神社であった。生産者や茶商など約30人が参加し、今年のうれしの茶の出来や茶業全体の発展を願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加