1904(明治36)年6月、鳥栖駅は東町から京町、つまり現在地に移転します。この移転は、土地のあっせんに奔走するなど八坂甚八の多大な協力によるものでした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加