阿久根市長旗九州選抜高校駅伝大会は14日、鹿児島県阿久根市であり、男子の鳥栖工が2時間6分19秒の大会新記録で優勝した。

 鳥栖工は2区の笠原大輔、4区の山田基貴、5区の西坂侑、7区の深堀優の4選手が区間新の快走を見せ、2位の九州学院(熊本)を1分43秒差で振り切った。

 第31回の男子(7区間42・195キロ)は19校、第28回の女子(5区間21・0975キロ)は16校が出場した。(草野杏実)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加