有田焼の絵柄をクッキーにした白磁彩菓の「明治有田超絶技巧」

天馬堂のHPはこちら

 有田焼の伝統的な絵柄をアイシングクッキーにした菓子「白磁彩菓」。2019年11月に「肥前皿絵文様菓」シリーズを発売し、絵柄の美しさからお土産や贈り物として評判になった。

 天馬堂の深川裕子代表(49)が手掛けており、「有田様式」「鍋島文様」に続き、昨年11月に「明治有田超絶技巧」を商品化。「色絵獅子牡丹文」など明治時代に世界を魅了した、華やかで精緻な絵柄をセレクトしている。

 有田焼の歴史や描かれた絵柄を説明したしおりも添えられ、焼き物の物語も楽しめる。箱入りは5個(2千円)と3個(1200円)で、個包装5個セット(1800円)もある。町内を中心に各施設や、オンラインで販売している。

このエントリーをはてなブックマークに追加