任期満了に伴う三養基郡上峰町長選は14日、投開票される。選挙戦では、新人で前町総務課長の三好浩之氏(55)=堤=と、現職の武広勇平氏(41)=3期、堤=が、中心市街地再開発など町の課題を巡って舌戦を繰り広げた。当落は午後11時ごろに判明する見通し。

 両陣営は13日、票の掘り起こしに向けて「最後の訴え」に声をからした。三好氏は中心市街地をメインに町内を巡り、要所で街頭演説を行って選挙事務所前でマイクを納めた。武広氏も町内全域を回り、イオン上峰店跡地前で総決起大会を兼ねた街演を行い、選挙事務所前で活動を終えた。

 町選挙管理委員会によると、13日まで4日間の期日前投票者数は1805人で、前回2017年の町長選を437人(31・9%)上回った。

 投票は14日午前7時から午後8時まで上峰中体育館など4カ所で実施し、午後8時50分から町体育センターで開票する。

 選挙人名簿登録者数は8日現在、7809人(男性3716人、女性4093人)。(瀬戸健太郎)

     ◇

 佐賀新聞社のウェブサイトで開票速報をします。

このエントリーをはてなブックマークに追加