黒澤映画の常連、志村喬さんはちらしずしが好物だった。食べ方が変わっていて、酢飯と具をわざわざ別々にしてぱくり。これでは具を上に散らさない「ちらぬずし」である◆厳格な武家の家系に生まれ、ご飯の上におかずをのせたり、汁をかけたりすると「犬猫のようなまねはするな」としかられた。「子どものときからそんな癖がついてしまったもんで、今でも駄目なんです」。名優は苦笑いしたという◆食卓の光景は家庭の数だけ多様である。意外な食べ方があったり、奇抜な食材の使い方があったりする。中でも手巻きずしは、具といい巻き方といい、バリエーションの豊かさは、ちらしずしどころではない。佐賀県はいま、「佐賀手巻き寿司宣言」と銘打ち、魅力発信に力を入れている◆ノリにコメ、新鮮な野菜…佐賀が全国に誇る食材をくるっと巻くだけで丸ごと味わえる。食べ盛りの子どもたちには焼き肉や唐揚げ、ウインナーにエビフライ。女子ならチーズは外せないでしょ。渋いところではキムチにたくあん、きんぴらごぼうなんかも案外いけるんじゃない◆みんなで具材を考えるだけで盛り上がる。会話も弾む。そんな食卓を囲む楽しさが、おいしさの隠し味なのだろう。週末はおうちで手巻き寿司。あれこれ準備には手間もかかる。「手抜き寿司」なんて言ったらしかられる。(桑)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加