新型コロナウイルスのクラスターが発生した保育所「あおば園」=東松浦郡玄海町新田

 佐賀県と東松浦郡玄海町は12日、町内の保育所「あおば園」でこれまでに園児5人が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、クラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。休園の予定はない。県内では新たに6人の感染を確認し、延べ1136人になった。

 県と玄海町によると、園児や職員ら43人にウイルス検査を実施した。職員への感染は確認されておらず、園内の消毒作業もすでに終えた。県の指示に基づき、休園はしない。

 12日に公表した感染者6人の内訳は、あおば園の園児が男女4人▽クラスターが発生しているカラオケ喫茶関連で三養基郡基山町の90代男性▽佐賀市の40代男性となっている。カラオケ喫茶関連の感染者は県内外で計82人になった。

 県は11日公表の5人の概要も説明した。うちカラオケ喫茶関連は4人で、陽性者と接触していた鳥栖市の60~70代女性3人と基山町の60代男性。20代の兵庫県の男子大学生は6日に愛知県で陽性者と会食した後、旅行で佐賀に滞在していた。(栗林賢、中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加